暮らし

染みの種類次第で

染みの種類次第で染み抜きの仕方は違ってきますが、染みが付着した素材に関しても注意する必要があります。
素材に関しては、天然繊維と化学繊維の二つのものがあり、天然繊維を詳しく見ていくと動物繊維と植物繊維が挙げられます。
植物繊維については、しわになりやすい綿や麻が挙げられます。
麻についていうと、触った感じに滑らかさがあり、ひんやりとした感じがするというのが持ち味です。
さらに光や汗に強くないので、摩擦により白くなりやすかったり、変色のトラブルが生じやすいという弱点もあります。

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ

リンク

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31